読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

koeブログ

Perfumeに夢中。

2011.8.13 サマソニ東京 [bitter]

丁度関東に生息している期間だったのでひょひょいと行ってきました幕張。(既視感)
前回は全体的にやっぴー♪な思いをsweetに綴りましたが、今回はbitterな圧縮体験のお話。


Perfume前のBoAは後ろの方で待機。
BoAが終わった途端早く抜け出したいBoAファンと早く前を確保したいPerfumeファンとでわちゃわちゃ。
私の横を通って脱出していったBoAファンの女の子は「Perfumeファンまじないわ」みたいなことを言ってた。


とりあえず前の人に付いて行ってたらサークルモッシュを隙間なく密着させてぐるぐる動いているような軍団の中に入っていましたの巻。 
その時点で女の子のキャーみたいな悲鳴めいた声が聞こえてた。
MOUNTAINステージは室内だしおしくらまんじゅうだしでちゃんと空調効いてんの?って思えちゃうくらい全身びしょびしょだったよかしゆか
後で知ったけどステージ上の3人も同じように、もしくはそれ以上に暑かったのね。(2011/8/25 LOCKS!参照)


隣のおじさまはBoA前のTHE PRETTY RECKLESSを見に来たら出られなくなったとのこと。
ぐるぐるが治まってそのまま30分が経ち「Perfume」の文字が画面に映し出されてすぐいつもの圧縮。FAKE ITが流れ始めてすぐいつもの圧縮。……あれ?
腕も挙げられないよってくらいの圧縮が後ろから。潮の満ち引きのような感じで全体が前行ったり後ろ行ったりの繰り返し。
足腰鍛えとらんとキツいだろうなーとか考えてたら実証してくださいましたね、前のガタイのいいYOU!


ねぇの1番サビで後ろに転倒されて見事にmy右足が座布団代わり、ステージに背を向けてお姉さん座り状態。
おおおお!初・将棋倒し!!とかどうでもいいことを考えだす頭。
隣のカップルの女の子も倒れてて、怖いよーとか連呼しとった。いいから早くそこの彼氏助けなさいっ。
って人の心配をしている場合ではなくて、おっちゃん早く立ってくれないと色々とあれやで!
はいきました満ち潮ー!足やら頭やらに80のダメージ☆
ひーひーのふーふー!絶対ここ酸素薄い!15のダメージ☆
これもう一回来たらさすがになー7天かなーねぇ早く終わんないかなーとか考えてたら右足解放。おっちゃんありがとうありがとう!!
右足の感覚麻痺しちゃってすぐ立てんところに後ろの紳士的な男の子が手を差し伸べてくれました!ありがとうありがとう!!あなたのおかげで助かりました!
こうやって助けてもらったときすぐに連絡先交換できるようなツールがあればいいのにね!←


ねぇ早く終わらないかなとか思って申し訳ない。
でもねぇの次にレザビ流れた時は殺す気かって本気で思ったよ!まさにDEATHリストやで!
女の子が1人出たそうにしてたので、「一緒に出ますか?」とか聞いてみちゃう、いつになく積極的。レザビ、MCまるまる使って2人で無事脱出。
こういうときにもなんかすぐに連絡先交換できるような手段があればいいのにね!←
脱出してからはそれはそれは平和に見てました。


Perfume好きとして現状把握的な意味でも圧縮体験しとこう、という軽い気持ちで行ったことは後悔してない。←
実際いい体験ができましたし。
けどあれは流石にひどいよなーと思っちゃいました。女の子とか前の方行けんじゃんか危なくて。都市型フェスってことも関係してるんだろうけど、なんともうーんな感じ。
私みたいなのはPerfumeから気持ちが離れないし楽しかったからいいけど、こういうのでさっきのBoAファンみたいに「Perfumeファンないわー」から「Perfumeないわー」って思われちゃうのは本当にもったいない。何のためにフェス出てるのかわからんよね。
実際ジェニーのコールも前方のうさ戦士たちのところくらいからしか聞こえんかったし、微カで抜けてっちゃう人が多かったのを考えると、Perfume見てみるかー、みたいな層が多く見に来てくれていたんじゃないかと。
狙いとしては合ってるはずなんだよね、きっと。
(微カで抜けてっちゃった人は「曲全然わかんないしー」って言いながら抜けてた。それほど飢えているファンのことを考えたセトリだったってことだと思う。抜けてっちゃった人たちは後日セトリを確認して最後まで見て行かなかったことを後悔していることだろう。)


それでもあの空間に集まった人はPerfumeファンと一括りにされてしまうし、ファンはそのアーティストのイメージに自然と繋がってしまう。そこをきちんと認識しとかんといかんなと身をもって実感したフェスでした。
たとえ軽い気持ちでライブをしに来たとしても、自分はそのアーティストのファンと周囲からは見られてしまうっていう自意識過剰なほどの意識をみんながみんな共有できたらいいのにね。
それでも、助けようとしてくれる人がいらっしゃったのでまだまだ捨てたもんじゃないなとも思えました。本当に嬉しかった。
そして前方にいらっしゃったうさ戦士の皆さんお疲れ様でした。心強かったです! 


こういう圧縮問題を解決するのは難しいんだろうな。とりあえず足腰鍛えよー!おー!としか…としか(´ω`)